競争も激しくなっている格安航空会社、倒産や航空会社とのシェアもありますが利用しがいあります!

朝焼けと飛行機

新着情報

◆2017/06/21
航空券は格安でも手配することができるを新規投稿しました。
◆2017/05/29
格安航空券は誰でも利用できるのかの情報を更新しました。
◆2017/05/23
早朝深夜便の格安航空券を利用してみようの情報を更新しました。
◆2017/05/23
格安航空券が使える飛行機って安全なの?の情報を更新しました。
◆2017/05/23
子どもの割引はあるのかの情報を更新しました。

格安航空券は誰でも利用できるのか

飛行機に乗るのも以前と比べると手頃になりました。ANAやJALだと、往路で3万円前後もあってまだまだ高いのですが、それでも早割などで安くもできます。
さらに格安航空会社等、選択肢も増えてありがたいものです。
でも、格安航空会社って利用は誰でも出きるのでしょうか。

格安航空会社について調査した結果

アンケート用紙
格安航空会社の利用者も増えています。すでに何社もあって、競争も激しくなっており、倒産や他の航空会社とのシェアなどもありますが、それでもまだまだ利用しがいはあります。
そんな格安航空会社ですが、ある調査によればまず知っているかの質問に男性が8割近く、女性は7割近く知っているとの回答が出ています。男性の方が高い認知度と言えます。
そして実際に使ったことあるかの質問には、約3割の人があると回答しています。そして、気になる満足度については6割ほどが満足との回答をしています。
そして、これから利用したいかの質問には、7割が利用したいと答えています。その一方で利用したくないと答えた人の理由では安全性や機内で快適に過ごせないからとの回答が目立つものとなりました。

関心は高いことは頷けますし、恐らく想像以上に利用してもいいとの許容も見受けられる結果と言えそうです。

大人と子どもではバラバラ

親子連れ
そして国内格安航空券の利用も、JALやANAの早割から、旅行代理店からの納入して利用、また格安航空会社を選んでとやり方もさまざまです。購入もやり易くなっております。利用については、年齢は大人では問いません。子どもでは格安航空券となると、子ども割引はついてなかったり、また格安航空券ではく子ども割引がついてくるなんてこともあったりと航空会社でバラバラです。

大人だと誰でも利用はできますが、子どもの場合だとよく比較をしてからにしないと実は安くならなかったなんてことになるかもしれません。

しかし、いざ飛行機に乗るときには子どものいる家族連れから搭乗させるなど対応はどの航空会社でも変わりません。
また高齢者や手助けの必要な人も先に搭乗させるなど、これも対応は同じです。
ただし、高齢者や手助けの必要な方だと、狭いと言われている格安航空会社の飛行機では少し乗り心地はきついかもしれません。
やはりゆったりと乗れる大手の航空会社がいいかもしれません。

格安と乗り心地の使い分けが大事

こうしてみると、格安は誰でも利用できます。しかし、乗り心地や年齢を踏まえると、必ずしも格安にすべきとは思えません。
きちんと自分の状況に合わせて無理せずに乗れる航空会社や航空券にすべきということでしょう。