飛行機の座席のことが気になる

朝焼けと飛行機

飛行機の座席のことが気になる

私たちの生活において、格安なものがだんだんと広まっています。食事でもショッピングでも格安だと嬉しくなるでしょう。その格安は飛行機の航空券にも広がりました。
もうすでに数社以上の格安航空会社が国内線、国際線で利用可能です。
それほど広まってきていながら、まだ利用したことがない人も多く、また知らないことも多いでしょう。そこでここでは乗り心地に関わる座席を見ていきましょう。

座席の乗り心地はどうなっているのか

快適な座席
大手の航空会社やさらに格安航空会社によって、座席に違いがあります。大手の航空会社だと、一般の人が乗る座席と、料金を追加した座席でクラス分けをしています。それにより、座席の広さも変わります。それでもどちらでも足が組めたり、隣の人とも密着はしませんから、乗り心地もまあ快適でしょう。

それと比べると格安航空会社の飛行機の多くは、座席が少し狭めになっています。そのため、足は組めませんし、隣の人とも密着感も感じます。初めて乗ったときには気になってしまう人もいるようです。
快適さでは少し劣るのが現実です。ただし、格安航空会社でもスターフライヤーのように広く設定しているところもあるので、選び先にて変わるようです。

座席のクラス分けは、格安航空会社でもある

大手のANAやJALでは先に挙げたようなクラス分けがあります。
それにたいして格安航空会社でも、座席についてクラス分けをしているところもあります。
たとえば、最前列はファストシートとされており、足元のスペースも広く、手荷物も早くお返しするように配慮されたりもしています。
次にスマートシートです。これは前の2列~5列までと非常口の列です。飛行機への搭乗が早くできるメリットがあります。非常口の列は足元が広くなっています。なおリクライニングができない制限や非常時の搭乗員へのお手伝いも求めれることもあります。
あとは、プレジャーシートとスタンダードシートとなっています。これらは、一般的な座席となります。
景色が見やすい席もありますが、座席は少し快適さは劣るとの声が聞こえてきます。
やはり座席によっても、その特徴やメリットが変わってくると言えます。

座席の指定は可能なのか

予約時や格安航空券を購入後などタイミングの違いはあっても、座席指定は可能です。
ただし、格安航空会社だと座席指定が有料や指定できる座席に限りがあったりします。ですので、確認をしておくか、予算の用意や早めの指定をしておきましょう。

格安航空券だと座席にも影響があるので、やはり知っておいた方がよいでしょう。