使える航路はどこがあるのか

朝焼けと飛行機

使える航路はどこがあるのか

飛行機に乗るのも、もはや早割や格安航空会社を利用するのが当たり前となってきました。また、格安航空会社だと、搭乗日当日の何時間か前でも、キャンペーンなどでかなり値引きされて飛行機に乗ることもできたりします。タイミング的にはいつでも、格安を利用できる言えそうです。でも、気になることに航路があります。

格安航空券とさまざまな制限事項

格安で飛行機に乗れるとして広まってきたのですが、案外安いことばかりに話題が集まって、実は大手のANAやJALで使う航空券と同じだと思っていませんか。
たとえば、せっかく買ったのにキャンセルして場合、ANAやJALだと払い戻しがありますが、それがありません。また、日程の変更ができなかったり、また子どもでも大人と同じ料金になるなど、違いも様々とあります。
また、実際に飛行場へいくと、専用のカウンターがあるところもあれば、他の航空会社とシェアしているため見当たらないなんてこともあります。あらかじめ知っておかないと戸惑うこともでてきやすいでしょう。

格安航空券で航路に制限はあるのか

小さい飛行機
そして、飛行機が飛ぶ航路については、格安航空会社によって変わりますが、大手のANAやJALほど、種類は多くはありません。また1日に飛ぶ本数もかなり差があります。

とはいっても基本的に国内の主要な航路では、格安航空会社も押さえています。東京羽田から中部国際空港や関西国際空港、また北九州空港、そした沖縄の那覇空港の間については格安航空会社の飛行機のいずれかが結んでいます。
たとえば、最前列はスターフライヤーだと、羽田、中部国際空港、関西国際空港、北九州空港は大丈夫ですが、那覇空港はこれからの予定です。代わりにスカイマークは那覇空港を押さえているという具合です。

時には、格安航空会社で他の航空会社はあまりない空港を独自に結んでいるケースもあります。

大手のANAやJALだと早割を使うことで格安航空券にもでき、それでいて全国各地の空港を本数も多く結んでいます。早割を使うことで確実に行ける、より快適にというときには、ANAやJALの方が選びやすいと言えます。

航路の開拓は期待できる

とはいっても、これまでも航路がなかった空港間を格安航空会社があらたに開くこともあります。時には期間限定というケースもあります。
また、すでにある航路でも期間限定で深夜便や早朝便を行うケースもあるのです。

ですので、こまめに航空会社のダイヤや航路をチェックしたり、アンテナを張っておくといざというときにお得にできるかもしれません。