早朝深夜便の格安航空券を利用してみよう

朝焼けと飛行機

早朝深夜便の格安航空券を利用してみよう

旅行をしたときに、最初と最後の日は、移動だけで終わったなんて経験はありませんか。確かに移動は疲れますし、時間もかかります。仕方ないとはいえ、せっかくの旅行の時間がもったいないと感じませんか。
最初から最後まで旅行を楽しむためにも、早朝深夜便を利用してみましょう。

格安航空券でも早朝深夜便はある

飛行機のダイヤも今ではいろいろな時刻のものが用意されています。以前と比べて格安航空会社の登場で、さらに選べる時刻の幅も増えました。いわゆる早朝深夜便とよばれるものです。
早朝深夜便といっても、朝の6時半や7時くらいの便とか、夜の10時くらいの便と思っていませんか。いえいえもっとなのです。

たとえば、東京羽田から沖縄では深夜に2時台に出発して、5時頃に那覇空港に着くと言う便もあります。
また、深夜3時過ぎに那覇空港を出発して、6時頃に東京につくという便もあります。

こうした早朝深夜便は、いつも毎日といった定期的と言うことでもなさそうです。時期限定やまた航空会社も限られてもいます。とはいえ、こうした早朝深夜便を利用すれば、それだけ現地での滞在も長くすることができ、それだけ旅行でショッピングや食事を大いに楽しむこともできそうです。またビジネスにおいても、それだけ時間をかけて仕事に取り組めそうです。

早朝深夜便でも手続きは同じ

早朝深夜便だと、特別なものになりそうかと思っていませんか。そんなことはありません。
早朝深夜便であっても誰でも利用できる物であり、インターネットから予約することも可能です。また、早割なども聞きますので、羽田から沖縄を数千円くらいの格安航空券で購入することもできるのです。
そして、気になる登場手続きですが、これもチェックインして、荷物を預けたり、保安検査を行うと言うものです。あとは飛行機に搭乗して、飛行時間の間は仮眠をとっておくといいでしょう。

航路によっては朝方について、荷物を受け取って飛行場を出た頃に公共機関が動いているので、スムーズに移動もできるでしょう。

時間潰しのものももっておこう

ファッション誌
とはいっても、初めての早朝深夜便を利用するときや、初めての地域だと飛行場にも何かしらあったらと思い、早く行きたいと思うものです。
着いたのはいいけど、何もすることがないとなると、飛行場で時間を潰すのも大変です。本を持っておくなり、スマホをしっかりと充電しておくなど、時間を潰す用意もしておくと、早朝深夜便もまた利用したいと思うようになるでしょう。