格安航空券が使える飛行機って安全なの?

朝焼けと飛行機

格安航空券が使える飛行機って安全なの?

時々テレビなどて飛行機のトラブルや事故のニュースを見かけます。時には大惨事になるなど怖いものです。よく言われるのは車の事故の確率に比べたら安全なんてと言われたりもします。

最近、格安航空券でも飛行機に乗れます。あんなに安く乗れる飛行機って大丈夫なのでしょうか。

大手の航空会社の場合

ジャンボジェット
大手のJALやANAでも早割を用意していて、格安航空券にすることができます。それで乗る飛行機ですが、やはり大手ということもあって、これまでの実績などからも安全については万全でしょう。機器トラブル時も迅速な対応が期待できます。

なお、機器トラブル時で出発できないときも代替え機の用意や払い戻しなどの手配もきちんとしてくれるので、安心さで言えば大手がよいでしょう。早朝深夜便で更に安くすることができたりしますので、どうしても不安と言う方は大手を選んで問題ありません。

格安航空会社の場合の安全性は

格安航空会社を利用する人も増えていますし、これからもますますその利用はひろがってくるでしょう。料金の更なる低下や新たな路線が開くことが期待できるからです。

しかし、格安なのでふと飛行機の安全性については今一つでは、大手の航空会社よりも劣るのではと思っていませんか。安いから安全性は劣ると思う人もいるかもしれません。
実は、格安航空会社でも非常に高い安全性を持っています。

というのも1つには、格安航空会社の飛行機の方が新しい鍛代を用意しているからです。つまり、運行を始めるに当たって、新型の機体を買っているからです。ということはそれだけ、安全性も配慮された機体ということになるのです。
さらに2つ目として、飛行機のパイロットがあります。格安航空会社では新人からの育成よりも、即戦力として大手の航空会社をやめたパイロットを再雇用するなどしています。そのため、経験のあるパイロットが多いので、実は安心することができるのです。
同様のことでは、飛行機の整備士についても再雇用などをして、人材の確保に努めています。

これらの理由からも格安航空会社だからと必要以上に不安になる、安全ではないと決めつける必要はありません。

機材トラブルもあるので余裕を持つ

とはいっても、大手と比べると格安航空会社では、同じ機体を何度もつかうため、部品の磨耗もあります。機材トラブルでの遅延も起こりやすいです。

もしも欠航になったとしても、払い戻しや代替え機などの対応では十分にできないことがあります。また遅延したときも同様です。

格安航空券で飛行機に乗るときには、安全については信頼してあげて、さらに旅行計画も余裕を持っていた方が、気持ちよく飛行機に乗れるでしょう。